シリカ美容液を自作しよう

美容液っていうのは、肌を冷たい空気から守り、保湿成分を補充するものです。肌に欠かすことのできない潤いのもととなる成分を角質層まで送り込み、その上失われないようにストックする極めて重要な働きを担っているのです。
話題沸騰中の美白化粧品。化粧水や美容液、クリームタイプなど色んな種類があります。このような美白化粧品の中でも、お試し価格で購入できるトライアルセットを中心的なものとし、現実に使ってみて推奨できるものをランキング一覧にしております。
美容にも健康にもいいと評判のプラセンタサプリは、今までいわゆる副作用で厄介なことが起きたことは無いと聞いています。そんなわけで高い安全性を持った、からだに異常をきたすことがない成分と判断できるのではないでしょうか。
完全に保湿したいのであれば、セラミドが贅沢に含まれている美容液が必要とされます。セラミドは油溶性であるため、美容液タイプかクリームタイプの中から選び出すのがお勧めです。
セラミドの保水パワーは、嫌な小じわや荒れた肌を軽減してくれますが、セラミドを抽出するための原材料が安くないので、それが摂り入れられた化粧品が高価になってしてしまうことも少なくありません。
セラミドと言いますのは、肌の一番外側に位置する角質層に保有される保湿成分でありますので、セラミドが含まれた美容液あるいは化粧水は、極めて良好な保湿効果をもたらすとのことです。
午後10時から午前2時の時間帯は、お肌の蘇生力が一番活性化するゴールデンタイムといわれる時間帯です。傷ついた肌が修復されるこのタイミングに、美容液を利用した集中的な肌ケアに取り組むのも実効性のある使用の仕方です。
温度だけでなく湿度もダウンする冬という季節は、肌から見たらかなり厳しい時期なのです。「どんだけスキンケアに力を入れても潤いを継続できない」「肌のゴワつきが気になる」などと思ったら、早急にスキンケアの方法を吟味するチャンスです。
空気がカラカラに乾き始める秋というのは、とりわけ肌トラブルが引き起こされやすい時で、肌の乾燥を予防するためにも化粧水を忘れてはいけません。だけど間違った使い方をすると、肌トラブルを誘発するもとになると考えられています。
冬の時期や老齢化で、すぐに乾燥肌になり、敏感肌、肌荒れなどが心配の種になります。いずれにしても、20代をピークに、肌の潤いをサポートするために無くてはならない成分が分泌されなくなるのです。
根本にある処置が問題なければ、使った時の印象や肌に載せた感じが好みであるというものを選定するのがベターでしょう。値段にしばられることなく、肌に負担をかけないスキンケアに取り組みましょう。
高い保湿能力を持つとされるものの中でも、断トツで優れた保湿能力を持つ成分が肌の3大保湿因子の1つであるセラミドです。どれだけ乾燥している所にいても、お肌から水分を蒸発させない層状のラメラ構造と呼ばれる構造で、水分を貯めこんでいることによります。
美肌の土台となるのは保湿です。十分な水分や潤いで満ちあふれている肌は、柔軟さがあり透明感があり、見た目年齢を左右するしわやたるみが易々とはできないのです。どんな状況にあっても保湿について意識していたいものです。
肌に含まれるヒアルロン酸の量は、40代後半に入った辺りから激減するということが判明しています。ヒアルロン酸が減っていくと、肌の弾力性と潤いが失われ、肌荒れ等の肌トラブルの要素にもなると考えられています。
加齢とともに、コラーゲン量が減って行くのは避けられないことと考えるしかないので、その事実に関しては抵抗せずに受け入れ、どうすればキープできるのかについて調べた方がいいのではないでしょうか。

スキンケアに必要な成分

スキンケアの適切な工程は、簡単に言うと「水分を一番多く含むもの」から使用していくことです。洗顔した後は、一番目に化粧水からつけ、その後油分が多く入っているものを用いていきます。
肌にとっての有効成分をお肌に染み込ませるための重要な役割があるので、「しわになるのを防ぎたい」「乾燥対策をしたい」等、しっかりとした狙いがあるのなら、美容液を活用するのが圧倒的に効果的だと断言できます。
冬の季節や老化の進行によって、肌が乾燥してしまうなど、多くの肌トラブルに困ってしまいますよね。避けて通れないことですが、20代からは、皮膚の潤いをキープするためにないと困る成分が生成されなくなるのです。
料金なしのトライアルセットや見本などは、1回で終わってしまうものが過半数を占めますが、お金を払って購入するトライアルセットだったら、使用感が十分に確認できるレベルの量になるように設計されています。
お肌に嬉しい美容成分がたっぷりはいった美容液ですが、使用方法を誤ると、余計に肌トラブルを深刻にしてしまうこともあります。注意書きを確実に読んで、適正に使用することを意識しましょう。
肌に内包されているセラミドが豊富にあって、刺激から肌を守る役割を果たす角質層が良質であれば、砂漠的な湿度が非常に低いところでも、肌は水分を維持できることがわかっています。
保湿化粧品を使っての保湿を検討する前に、何よりも肌の「こすり過ぎ」と「洗いすぎ」の状態を阻止することが先決であり、なおかつ肌が必要としていることではないかと考えます。
「サプリメントの場合、顔部分だけではなく体の全てに効いて言うことなし。」というように話す人おり、そういったことでも美白専用サプリメントを取り入れている人もたくさんいるように見受けられます。
化粧品を販売している業者が、化粧品のライン一式をミニサイズで一まとめにして販売しているのが、トライアルセットというわけです。高級シリーズの化粧品を手の届きやすい金額で手に入れることができるのがありがたいです。
お肌の表層部分の角質層に確保されている水分は、2~3%の量を皮脂膜、17~18%の量を天然保湿因子、あと約80%ほどは、セラミドと称される角質細胞間脂質のおかげにより維持されていると言われています。
初めの時期は1週間に2回程度、身体の症状が落ち着く約2か月以後は週に1回程度の周期で、プラセンタのアンプル注射を打つのが理想的と指摘されています。
自身の肌質を間違えていたり、不向きなスキンケアのせいでの肌状態の深刻化や敏感肌、肌荒れなど。肌に効果があると信じてやっていたことが、良いどころか肌を刺激しているかもしれないのです。
美白肌を志すのなら、普段使いの化粧水は保湿成分に美白へと導く成分が内包されているタイプにして、洗顔の後の衛生的な肌に、十分に含ませてあげてください。
アルコールが加えられていて、保湿の効果がある成分が配合されていない化粧水をハイペースで塗りこむと、水分が気化する段階で、最悪の過乾燥が生じる場合があります。
常日頃の美白対策においては、紫外線対策が不可欠です。それ以外にもセラミド等の保湿成分の働きによりで、角質層が担うバリア機能を強化することも、UVカットに一役買います。

シリカとコラーゲン

お肌に余るほど潤いを供給すれば、潤いの分だけ化粧のりに変化が出ます。潤いが引き起こす効果を最大限に活かすため、スキンケア後は、焦らず概ね5~6分たってから、メイクをするべきです。
お肌最上部に位置する角質層に保たれている水分に関しましては、およそ3%を皮脂膜、17~18%の量を天然保湿因子、それから残った約80%は、セラミドといわれる角質細胞間脂質の作用によりキープされているとのことです。
それなりに高くなる恐れがありますが、なるたけ加工なしで、また腸壁から体内にしっかりと吸収される、分子量を小さくしたヒアルロン酸のサプリを選択するといい効果が得られるのではないでしょうか。
多くの人が望む綺麗な美白肌。若々しくきれいな肌はいつの時代も女性の憧れの的ですよね。シミ、そばかすなんかは美白を阻むもの以外の何物でもないため、数が増えないようにしたいところです。
みずみずしい潤いがある美肌を実現させるには、コラーゲン、ヒアルロン酸、ならびにそれらの成分を形成する真皮繊維芽細胞という細胞が大きな素因になることがわかっています。
美白肌を目標とするなら、日々の化粧水は保湿成分に美白効果を上げる成分が配合されている商品を入手して、顔を洗った後の綺麗な状態の肌に、十分に与えてあげてほしいです。
肌に含まれているセラミドがいっぱいで、肌最上部にある角質層が良好な状態ならば、砂漠などの酷く乾燥している土地でも、肌は水分を溜め込んでおけることがわかっています。
化粧水や美容液にある水分を、混ぜ合わせるようにしながらお肌に浸透させるというのが大事です。スキンケアを実践する際は、ただただトータルで「優しく染み込ませる」ようにしてください。
勘違いをしたやり方の洗顔を実施している場合を除外すれば、「化粧水の使い方」をほんのちょっと改めることで、手軽により一層吸収を促進させることができてしまいます。
「自分自身の肌には、いったい何が必要なのか?」「それをいかにして補えばいいのか?」等に関して考察することは、いざ保湿剤を決める際に、非常に役に立つと断言できます。
セラミドというのは、皮膚の一番外側に当たる表皮の角質層に含まれている高保湿成分ということなので、セラミドが入った美容液あるいは化粧水は、とても優れた保湿効果を発現すると聞きました。
体内においてコラーゲンを合理的に形成するために、飲むコラーゲンを選ぶときには、ビタミンCも同時に含有している種類にすることがキーポイントになります。
スキンケアの適切な順番は、端的に言うと「水分を一番多く含有するもの」からつけていくことです。顔を洗ったら、とりあえず化粧水からつけ、次に油分を多く含有するものを塗るようにします。
はじめのうちは週2くらい、辛い症状が好転する2~3か月後については週1回位の周期で、プラセンタ療法としての注射をするというのが効果があるとのことですが個人差もあり一概には言えません。
ひたすら紫外線、空気汚染、乾燥などに晒され続けた肌を、初々しい状態にまで復元するのは、現実的には無理と言えます。美白とは、シミやソバカスを「目立たなくする」ことを目的としています。

ヒアルロン酸温存策

ほとんどの人が憧れる美しさの最高峰である美白。キメの整った綺麗な肌は女性からしたら憧れそのものですよね。シミとかそばかすは美白からしたら天敵と考えられるので、悪化しないようにすることが大切です。
美容成分として人気のプラセンタのサプリは、登場してから今まで副次的な作用で厄介なことが起きたことは全然ないです。そいうことからもデメリットもない、ヒトの体に刺激がほとんどない成分ということになると思います。
「連日使う化粧水は、値段が高くないものでも十分ですから大量に使う」、「化粧水を皮膚に入れるために100回くらいパッティングしないと意味がない」など、普段のお手入れの中で化粧水をとにかく重要だと考える女の人は大勢いることでしょう。
更年期の諸症状など、体調不良に悩んでいる女性が飲みつけていたプラセンタではあるのですが、飲みつけていた女性の肌がいつの間にかハリを回復してきたことから、美しい肌になれる成分のひとつだということが知られるようになったのです。
ヒアルロン酸が摂りこまれたコスメにより見込める効果は、高い保湿性能による水分不足による小ジワの予防や緩和、肌表面のバリア機能の補助など、肌を美しくするためには欠かせないもので、土台となることです。
化粧品というものは、説明書に記載の規定量にきちんと従うことで、効果が期待できるのです。規定量を守ることによって、セラミドが混合された美容液の保湿能力を、目一杯まで強めることができるわけです。
美肌の条件に「潤い」は絶対不可欠です。最初に「保湿の機序」について理解し、適正なスキンケアを心掛け、ふっくらとした素敵な肌を取り戻しましょう。
スキンケアにはなくてはならない基礎化粧品に関しましては、手始めに全部入りのトライアルセットで、一週間位トライしてみれば、肌にどんな効果をもたらすかもきちんと認識できると思われます。
多数の食品の成分の1つとして存在しているヒアルロン酸ではありますが、分子量の大きい化合物であるため、カラダの内側に摂ってもスムーズに腸管からは吸収され辛いところがあるそうです。
真皮の中に優れた保湿成分であるヒアルロン酸が存分にある状況なら、外の冷気と体内の熱との隙間に侵入して、肌で効率よく温度調節をして、水分がなくなるのを妨げてくれます。
女性において本当に大事なホルモンを、適正に調整する作用を持つプラセンタは、人間の身体が本来備えている自己治癒力を、より一層強化してくれるというわけです。
お風呂から出たあとすぐは、最も水分が蒸散しやすい状況になっているとされます。風呂あがりから20~30分ほどで、入浴する前よりも肌の水分が不足した俗にいう過乾燥の状態になるのが通例です。お風呂から上がった後は、10~15分以内に潤いをきちんと与えることを忘れないようにしましょう。
お肌にとって最重要な水分を保っているのは、セラミドと称されている保湿物質で、セラミドの量が低減すると、肌のうるおいが保持できなくなって乾燥することになってしまいます。肌の水分のおおもとは化粧水なんかじゃなく、身体の70%を占めると言われる水であるというのが真実です。
どんなに頑張って化粧水を浸みこませようとしても、不適切な洗顔を継続していては、まるきり肌の保湿はされない上に、潤うわけもありません。もしかして…と思った方は、何しろ適正な洗顔をすることから取り組みましょう。
大勢の乾燥肌に苦しんでいる方は、「強くこすりすぎ」と「洗いすぎ」が原因で、皮脂や細胞間脂質、NMFなどの元々持っている保湿成分を洗顔で取り去っているということが多々あるのです。

貴女のお肌は大丈夫? ヒアルロン酸を見直そう

ヒアルロン酸入りの化粧品を使ったら、吹き出物が出た!
余計に肌荒れが酷くなった!
などという経験はありませんか?

最近は様々な化粧品の中に殆どヒアルロン酸が配合されて
いるくらい、ヒアルロン酸は当たり前になってきています。
これはスキンケアの基本は保湿という、『保湿至上主義』
のような風潮が原因の一つだと言えます。

しかし、どんなことにでも当てはまることですが、『やりすぎ』
はよくありません。
特に最近のヒアルロン酸は、バイオ製法で抽出されているものが
多い為、なおさら使用には慎重にならなければいけないと言えるでしょう。
何故なら、バイオ製法というのは、簡単に言えば微生物からヒアルロン酸
を抽出する方法だからです。
自分の身体の中で生成されているヒアルロン酸ならともかく、
別の生物から抽出したヒアルロン酸を、直接肌に塗るわけですから、
当然人によっては、合う合わないが存在します。
また過剰に使用すれば、ものによっては、元々肌が持ってるバリア
機能を破壊してうこともあります。

自分は乾燥肌だから、たっぷり塗って保湿を、と考えていらっしゃる
人も多いかもしれません。
また、自分は敏感肌だから、保湿して保護しないと・・・と思われている
人もいらっしゃるでしょう。
しかし、実際は全く逆だと言われています。
乾燥肌を補う為に、沢山のヒアルロン酸入り化粧水を使えば、当然肌の
バリア機能が損なわれます。
敏感肌の原因はバリア機能の低下ですから、敏感肌の人は、改善どころか
悪循環になりかねない危険が在ると言えます。

しかしヒアルロン酸自体の保湿能力は、決して悪いものではありません。
問題なのは、『自分の肌に合っているか』という点だということですね。

「肌に合わなかった」といって、ヒアルロン酸を諦めることはありません。
その場合は、サプリメントによる経口摂取がオススメです。
もちろん、ヒアルロン酸サプリなら何でも良いわけではありません。
これも化粧水と同じ。ご自分の体質などに合うものを選んでください。
毎日コツコツと飲み続けていれば、ヒアルロン酸の保湿効果を体感
出来るのではないでしょうか。

大人になってからのアトピーや肌の故障は完治することが大変です。
周りが使っているからといって、安易に人気商品に流されず、自分の
肌や体質に合うやり方で、貴女の美しさを保ってくださいね。

女性に寄り添うヒアルロン酸! 痛みと生命を包んでくれる!

美容のお供としての地位を確立し、今や誰でも耳にしているヒアルロン酸。
保湿に優れ、細胞結合機能なども併せ持ち、女性を美しさの守り手として、
日々頼りにされている方も多いかと思います。

なんと! そんなヒアルロン酸ですが、生理痛にも効果があるんです。
生理痛の原因は、簡単に言えば卵子の体外排出が上手くいかないことが
原因・・・ということは皆さんご存知だと思います。

では何故上手くいかないのか?
それは卵子が大概に排出される際に、卵子を包み運ぶ役割を果たす
子宮内膜が上手く働かない為だと言われています。
原因は様々あるようですが、その中の一つが、ヒアルロン酸不足、
というわけですね。

そもそもヒアルロン酸は、卵巣・子宮に多く存在しており、その
おかげで、子宮内膜などを形成することが出来ています。
つまり、ヒアルロン酸が少ないと、この内膜が上手く形成されず、
結果、ホルモンバランスが崩れたり、生理痛が起こるのです。

さらに、現在まだ研究中の段階ですが、不妊治療にも効果が見込まれる
として、現在期待されているようです。

ヒアルロン酸による恩恵はこれだけではありません。
なんと、ヒアルロン酸は、胎児の成長にも欠かせない重要な役割を
子宮内で担っています。

胎児は母親が取り込んだ酸素や栄養を取り込むことで成長します。
しかし、胎児の血液型と母親の血液型が同じとは当然限らないですよね。
輸血の経験がある方はご存知かもしれませんが、血液型の不一致、という
のは、それだけで最悪の場合、死亡する可能性があるほど危険な話です。
そんな危険を回避し、安全に胎児を育ててくれる秘密が、胎内で形成される
ヒアルロン酸のプール、というわけです。
このプール内で母親の取り込んだ栄養と、胎児の排出した老廃物や二酸化
炭素が交換される為、母親の血液は、胎児に届くことは決してありません。

女性の美しさだけではなく、生命までも守ってくれるヒアルロン酸。
人類は、ずっと昔から、ヒアルロン酸に守られて生きてきたのかも知れませんね。

アンチエイジングのお供に ヒアルロン酸を知ろう

いまやコスメ関連の代表的な成分の一つになっているヒアルロン酸。
オールインワンの化粧品では、ヒアルロン酸が含まれていない方が
少なくなっています。
そんなヒアルロン酸ですが、何故こんなにも人気があるのでしょうか?
その理由と知る為にも、ヒアルロン酸とは何か? を振り返ってみたい
と思います。

そもそもヒアルロン酸とは、元々は私達人間の身体の中で生成されている
成分の一つです。
主な役割は、水分の保持(保湿)。
このおかげで、細胞同士を守るクッションになったり、皮膚の表面の乾燥
を防いでくれます。

身体が元々生成しているなら、何故わざわざ化粧品に使われるのか?
これは、歳を重ねるごとに、体内のヒアルロン酸の生成量が、どんどん
減ってしまうから、というのが理由です。
具体的には、20歳までの生成量と60歳の生成量は半分以上の差があると
言われています。

スキンケアの基本は保湿ですから、そういった面でヒアルロン酸はとても
心強い味方になってくれるわけですね。
肌の保湿が弱くなれば、たるみ、シワが目立つだけでなく、化粧も
上手く肌にノりません。
そういう意味では、ヒアルロン酸は、お化粧する上でも欠かせない
成分だと言えます。

ちなみに、現在は一口にヒアルロン酸と言っても、いくつもの製法が
あるようです。
鳥のトサカや豚足等の動物性ヒアルロン酸。
乳酸菌、微生物などから抽出するバイオ製法によるヒアルロン酸。
アロエ(アロエベラ)から抽出したヒアルロン酸。
安定した抽出量という面では、やはりバイオ製法が一番な為、市場
で出回っているのは、これが最も多いようです。

女性のお肌はとってもデリケート。
お手軽なオールインワンを盲目的に選ぶのではなく、製法や配合率
などをしっかり確認して、自分に合うヒアルロン酸を見つけることが
大切ですよ。

またヒアルロン酸は、単に化粧品としてだけでなく、サプリメント
としても親しまれています。
昔はコラーゲンやヒアルロン酸は、を口にしてもお肌には関係無い、
と言われていましたが、最近の研究で、全く無意味ではない、という
ことが判っています。
特にサプリメントのような形で摂取した場合の効能については、一定
の効果が確認されているようです。

しっとりとした潤いのお肌は女性の憧れ。
ヒアルロン酸はそんな女性にとって、欠かせないパートナーなのかもしれません。

健康・美肌作りに欠かせないヒアルロン酸とは?

お肌や膝痛の話になると必ずと言って良いほど出てくる“ヒアルロン酸”ですが、実際は詳しく知らない方もいると思います。
健康や美肌には欠かせないのは何となく皆さん分かっている“ヒアルロン酸”についてご紹介したいと思います。

■ヒアルロン酸って何?

そもそもヒアルロン酸とは一体どんな物質なのでしょうか?
ヒアルロン酸は私たちの皮膚の中の“真皮”と言う層にも存在するムコ多糖と呼ばれる糖の一種でジェル状の物質です。
多くの水分を蓄えているので、皮膚の保湿に大きく関わっていて、
ヒアルロン酸が水分を保持する力は、1gで6リットルとも言われています。
その保持力を考えても保湿が最重要の美肌作りに欠かせない物質である事は納得です。
ヒアルロン酸は、皮膚の他にも脳、関節、目などにも含まれる事でも良く知られています。

■ヒアルロン酸の効果は?

ヒアルロン酸はその高い保湿力を生かして、私たちの体のあちこちで活躍しています。
・肌に潤いやハリを持たせる効果
美しい肌はヒアルロン酸だけで形成できるものではありません。
ヒアルロン酸の他にコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質も必要です。
ヒアルロン酸はこの2つの成分をサポートする事でハリや潤いをお肌にもたらす働きがあります。

・目に潤いを与える効果
目は外にさらされているので乾燥しやすい臓器なんです。
そこでヒアルロン酸はムチンと言う涙の成分と同じような働きをするため、目の乾燥を防ぐ効果が期待出来ます。

・関節を動かしやすくする効果
ヒアルロン酸は、私たちの足などの関節と関節の間にクッションのように存在しています。
立ったり座ったり、歩いたりなどの動作をするのにとても重要な役割をする関節がスムーズに動くためには欠かせない物質と言えます。

■ヒアルロン酸を増やす方法はあるの?

ヒアルロン酸は残念な事に歳を重ねると次第に量が減ってしまいます。
体内のヒアルロン酸の量は、赤ちゃんの時は1番量が多いのですが、40代を過ぎる頃からその減り方のスピードが速まります。
ある程度の年齢になると、お肌のハリ不足や膝の痛み、目の老化などの様々なトラブルが現れるのはそのためです。
・化粧品
・注射
・サプリメント
・目薬
・シリカ水を飲む

シリカ水を摂るというのは以外だったかもしれませんが、ヒアルロン酸はシリカ水を摂ることにより活性化することがわかっています。なので、結果的にヒアルロン酸を増やすことに資するということになるのです。

では、どんなシリカ水がいいのかというと、一番有名なところでは、フィジーウォーターです。フィジーウォーター 楽天で購入するよりも公式サイトの定期コースを利用したほうが安いみたいですので、摂り入れたい人は利用するといいでしょう。

これらの方法で内側からは生成できないヒアルロン酸を外から吸収する必要があります。
普段は目に見えない物質なので減っている事には気づかない場合が多いですが、
年齢と共に失ったヒアルロン酸を意識して摂る事で健康や美肌をキープする事が出来ますよ。

ドライアイをキラキラアイへ ヒアレインとは

ドライアイにお困りの人達の強い味方。
ヒアレインをご存知ですか?
最近コスメ関連で最も人気のあるヒアルロン酸。
実はこれ、肌だけではなく、眼にも効くんです。

正式な名前は、ヒアルロン酸ナトリウムといいます。
ヒアレインというのは目薬の名前ですね。

ご存知の通り、ヒアルロン酸とは人体内で生成されている成分です。
これがあるから人間の細胞同士が繋ぎ合わさることが出来るし、
お肌の保湿や潤いは、このヒアルロン酸があるからこそ実現している
と言えます。

そもそも何故そんなことが出来るかといえば、ヒアルロン酸には、
大量の水分保持機能が備わっているからなんです。
アロエのようにネバネバして、たっぷりの水分を内包している為、
お肌の保湿用コスメ商品として、大人気なわけですね。

そしてこの保湿能力は、何もコスメだけではありません。
元々ヒアルロン酸はコスメ商品としてよりも、医療の世界で
長く活用されてきたものなのです。

その内の一つが、ドライアイに対する目薬。
区分としては、 眼科用剤/その他/角結膜上皮障害治療用点眼剤、
眼科手術補助剤となります。

効果は個人差もありますが、まさにドライアイ専用と言っていいほど
の効能があります。
解り易い例としては、一般の目薬だと点眼後の水分(涙)は10分ほど
しかもちません。
しかし、ヒアルロン酸目薬であれば、なんと効果有効時間は10倍以上。
つまり3時間以上はドライアイで乾いた眼を潤すことができます。
更にそれだけではなく、コンタクトレンズなどが原因で傷ついて
しまった角膜を修復してくれる効果もあるのです。

何故そんな効果まで? と思われるかもしれません。
ヒアルロン酸は元々人体のあらゆる場所に存在します。
もちろん、眼球にも存在しているのです。
そして眼球のヒアルロン酸には、元々角膜修復機能も持ち合わせている
為、このような修復も可能なわけです。

ちなみに子供の瞳は、大人に比べてキラキラしている、と表現されることが
ありますよね?
あれは何も文学的な表現、というだけではないのです。
ヒアルロン酸の人体含有率は、赤ん坊から20歳までがピークと
言われており、子供時代の身体の中は、どこもかしこもヒアルロン酸
でたっぷりなわけです。
当然、眼球にも大量のヒアルロン酸が含まれており、それが光を
反射して、キラキラ光っている、というわけですね。

お店に行けば、『ヒアルロン酸0.1%点眼薬』や『ヒアルロン酸0.3%点眼薬』
が並んでいると思います。
この0.1とか0.3というのは、ヒアルロン酸がその数字だけ含まれています
という意味です。

いくら効果があるからといって、やり過ぎは禁物!
ご自分の症状に合ったものを選んでください。

なお、上でも述べたように、あくまで効果は個人差があります。
また医療品である以上、副作用が出る可能性もあります。
使ってみて、眼がかゆくなった。腫れてきた。刺激感が・・・、というような
ことがあった場合は、ただちに使用を中止して、医師の診察を受けて下さい。

快適な散歩をもう一度! 関節痛にヒアルロン酸

もはや美容に欠かせない成分となったヒアルロン酸。
一般人から見ると、ヒアルロン酸=美容、というイメージが
強いですが、医療の世界では、全く違う使い方をされている
ことはご存知ですか?

そもそもヒアルロン酸の歴史はとても古く、美容成分として
広まったのは、ごく最近なんですね。
勿論、現在の医療でもヒアルロン酸は様々な場面で活躍して
おり、今も研究が進められています。

そんなヒアルロン酸の医療方面での活用。
その中でも有名なのが、関節痛への治療方法、という点です。

何故ヒアルロン酸が関節痛に効くのか?
これを説明するには、まず最初に関節を守るクッション
である、軟骨について説明が必要です。

軟骨とは関節部分、つまり骨と骨の間に張られている、
一種のバリアのようなものです。
これが張られているからこそ、関節部分の骨同士がぶつか
りあうことなく、腕や膝を動かせるわけですね。

そしてこの軟骨は、加齢や激しすぎる運動による過負担で
じょじょにですが、磨り減ってしまいます。

そしてこの磨耗が進行することで、関節部の骨が直接当たる
ことで変形したり、関節部分が炎症を起こすことで、いわゆる
関節症(変形性膝関節症など)になってしまうわけです。

軟骨を構成している成分で、代表的なものといえば、コラーゲン
があります。
このコラーゲンがスポンジ状に張られており、その隙間に
様々な他の成分が混在することで、関節部分を守るバリア
を構成しています。

その成分の一つであるヒアルロン酸。
軟骨内でのヒアルロン酸の働きは、簡単に言うと、加重時の
軟骨をぐいっと広げてくれています。
そのおかげで、軟骨の磨耗度合いが抑えられ、長期間に渡って
関節を保護してくれる、という仕組みです。

しかし前述の通り、軟骨は加齢や激しい運動で磨耗してしまいます。
そして軟骨は自然再生することは無いと言われています。
では、軟骨の磨耗で関節痛になってしまったらどうするのか?

そこで出てくるのが、ヒアルロン酸というわけです!
一般的には注射による関節部へのヒアルロン酸の注入が有名ですね。

元々人体で生成されているヒアルロン酸を、外部から注入する
ことで、不足分を補ってやり、関節部分の保護機能を復活させて
やることが出来るのです。

勿論、いくらヒアルロン酸が体内に元々存在しているからといって、
過信は禁物です!
アレルギー反応が皆無ではありませんし、悲しい話ですが、医師の
技量次第では、逆に悪化することも多いに有り得ます。

経口摂取出来る、ヒアルロン酸の薬があれば一番なのですが、
現在薬局に置いてある『ヒアルロン酸サプリ』は全て名前の通り、
サプリメントであり、いわゆる『医薬品』ではありません。

不安な方は、関節が痛くなる前に、サプリ等で長期的にヒアルロン酸
を摂取して、予防に努めるのが一番なのかもしれませんね。